DraftKingsの弁護士は、ニューヨークの今回のケースを最大限に考慮します

弁護士デビッドBoiesのDraftKings「雇用は、毎日のファンタジースポーツの巨人のためのあらゆるペニーの価値があったと思われます。

いいえ、決定は、ニューヨーク司法長官エリック・シュナイダーマンに対する同社の戦いで行われていません。緊急公聴会は、AGは、ニューヨーク、大急ぎの状態ですべてのDFS演算子をシャットダウンしようとしている、先週提出された停戦アンドやめる順に応じて行われる場合にはかないかもしれない水曜日に来るかもしれません。
DraftKings雇っている電源弁護士デビッドBoies(デビッドShankboneによる写真)
しかし、ケースと今後のヒアリングを議論する会議通話中にメディアに今日Boiesホールド裁判所に聞いた後、それは男フォーチュン誌の手の中にその運命を置くDraftKingsの決定は、かつてアメリカ企業の第1雇わガン」と呼ば明らかです「それはプロセスでその全体給料の上限を爆破しなければならなかった場合でも、鮮やかなものでした。

かつての反トラスト訴訟でMicrosoftを起訴し、CBSとアル・ゴアを含む高プロファイルの元のクライアントの名簿を誇るBoiesは、冷静USAトゥデイ、フォックスニュースの同類を含む、風土病と主流メディアから時間以上、今日の質問を擁立しました、ウォール・ストリート・ジャーナルとMSNBC。

彼は毎日のファンタジースポーツは、違法賭博考慮すべきであるとAGの引数を取り壊しとして計算して魅力的な、説得されました。そんなにラスベガスのブックメーカーは、水曜日のシュナイダーマン対Boies頭に頭マッチにラインをハングアップしていた場合、DraftKingsはフロイドメイウェザーの割合のお気に入りになるように。

Boies「例基本は、シンプルであり、彼はこれまで名前によってシュナイダーマンに言及せず、金曜日に帰宅ポイントを複数回行ないました。 FanDuelは8年間ニューヨークで運営されています。 DraftKingsはシュナイダーマンが突然突然の「違法」であることのすべてに最後の8年間、「合法的」と考えられていた何かを請求することができますどのように2011年以来、そのように行ってきましたか?

「誰が(毎日ファンタジースポーツ)の合法性に疑問を呈していないこの全体の期間中、 “と彼は説明しました。 「一方で、DraftKingsとFanDuelに投資しているよく知られている公開企業が多数存在します。

検事総長は、彼を取ることなく、それが合法だかどうかに彼の心を変えたので、「それは会社のための災害、その従業員、投資家、それは単にそれをシャットダウンするには、顧客の数十と数千人に不公平だろうだろう裁判所にケース。 ”

Boiesも、DFSの選手の非常に小さな割合は、実際に定期的に勝つ免責事項に急襲しました。

「その問題は本当に司法長官によって譲歩文ですと、その場合には致命的である」と彼は強制的に述べています。ほとんどの人はお金を失うと同じ人が繰り返し勝つために続けば」、つまりこれは、我々はチャンスのゲームについてではなく、話をしているスキルのゲームであることが絶対的証拠です。

「異種の結果、この種のは、偶然のゲームで、カジノでは発生しません。それはプレイヤーのコントロールを超えているゲームでは発生しません。それはプレイヤーがコントロールまたは結果に影響を与えることができるスキルのゲームで発生します。」

それはポーカー異なっなぜ尋ねたところ、Boiesはビートを欠場すると同時に、彼のポーカーチョップを証明していませんでした。

「あなたはホールデムをプレイしているとあなたが受け取る最初の二枚のカードがエースであり、他の人の、他の人は、世界のすべてのスキルを持っていることができること、2〜6であるが、おそらくあなたを打つつもりはないされている場合”と彼は説明しました。 「ゲーム開始時のカードのランダムな契約は、任意のゲームで、誰かのスキルを上回ることができますチャンスの要素をもたらすこと。これとは対照的に、毎日のファンタジースポーツで、誰もが等しく開始します。」

Boiesが鳴ったとして説得力のあるように、彼は彼が水曜日に期待するものを知っていないと述べました。彼は「審査員がやろうとしているものを予測するのに苦労 “有し、前記両側を聞いた後、裁判官は「すべての引数を考慮するのに時間がかかる」と彼の決定を遅らせることを決定した場合、彼は驚かないだろうと付け加えました。

いずれにせよ、BoiesはDraftKingsはと停戦アンドやめる注文が提出されており、そのライバルFanDuelがリクエストによって守らているにもかかわらず、ニューヨーク州の住民にサービスを提供していきます必要があることを断固としました。

“我々は、会社がその事業が途中で停止した前に、法廷でその日を持っている権利があると信じて、”と彼は言いました。 「それは理由同社はニューヨークで運転していた中で、長年の特にそうだ。彼らは、法的な決定が行われるまで継続させるべきです。

「FanDuelは明らかに異なる決定をした、それが彼らの選択です。しかしDraftKingsの立場から、彼らはその投資家や顧客、従業員、これは会社のために正しい判断だと思います。」

カテゴリー:オンラインカジノ スマホ